脱毛について知ればもうこわくない!サロンのケアを紹介します

あなたは普段、どのようなムダ毛ケアをしていますか?
自宅でカミソリやシェーバーなどを使って自己処理に励んでいる方もいらっしゃるでしょう。
ただ、脱毛法のなかには、とても痛いものや、肌を傷つけてしまうものも少なくありません。

カミソリによる処理からブラジリアンワックス、クリニックでのレーザー脱毛まで、これだけ脱毛の方法も多様化した現在では、まず脱毛についての知識を身につけることが必要です。
脱毛法のメリットやデメリットを押さえておけば、納得のいくケアができます。

このサイトでは数ある脱毛法のなかから、ポピュラーな10種類の選択肢を紹介します。

お伝えしておきたいのは、お家脱毛には限界があるということです。
肌トラブルや痛みを避けて、きれいな肌を目指すには、サロン脱毛に勝るものはありません。

そこで、まずエステや脱毛サロンでの脱毛についてご紹介しましょう。

80年代の主流だったニードル脱毛からはフラッシュ脱毛へ

ニードル脱毛では、毛に針を入れて電気を流し、毛根に直接ダメージを与える脱毛法です。

針を刺すため、チクッとした痛みがあります。
これに、電気を流す作業を1本1本繰りかえすので、非常に時間がかかります。
値段も高く、大手サロンでは1分700円で、毛の量によって費用がかさみます。

15年ほど前から、デメリットの多いニードル脱毛にかわって、フラッシュ脱毛が一般的になりました。
ニードルに比べると、効果を実感するまでに時間がかかりますが、費用や苦痛を考えるとお手軽なのが魅力です。

脱毛サロン「キレイモ」でも採用しているフラッシュ脱毛の仕組みとは?

フラッシュ脱毛は、「インテル・パルス・ライト(IPL)」という波長の光を利用した脱毛法です。
黒いものに反応して、毛の組織に働きかけます。
一気に毛をなくすのではなく、徐々に毛を細く、少なくしていくイメージです。
毛にも生え変わりのサイクルがありますが、そのうち成長期の毛はフラッシュを当ててから、2週間ほどで抜けます。
別の毛はまた生えてきますので、2か月ほど空けてから照射を繰り返す必要があります。
何度もサロンに通うのは大変ですが、痛みが少なく、肌を傷つけないのがうれしいところです。
お値段もニードルやレーザーや比べるとリーズナブル。

キレイモでは、フラッシュを当てる際の痛みを押さえるだけでなく、お客さまが気持ちよく通えるために、さまざまな工夫をしています。

このサイトでは、オーソドックスな脱毛法を、まとめて説明していきます。
同時に、キレイモのフラッシュ脱毛と比較します!
自己処理に時間を割いている人も、脱毛について少し学んでから、サロン脱毛で輝く肌を手にしませんか?