効果が分かりやすいワックス、レーザー脱毛のデメリットは?

プロに頼む脱毛ケアとしては、フラッシュ脱毛の他にブラジリアンワックスやレーザー脱毛がポピュラーです。
ここでは、それぞれの特色を説明しながら、キレイモのサービスと比較していきます。

一気に毛がなくなるブラジリアンワックスは肌へのダメージがデメリット

脱毛する部位に粘着質のワックス剤を塗ってのばし、布をあてて一気に引きはがすことで毛をなくします。
もともとビキニをはくために生まれた脱毛法で、ブラジリアンワックスを取り扱っているサロンではアンダーヘアへの施術がほとんど。
欧米ではエチケットとして、男女問わず一般に行われています。

モジャモジャの毛が一度でなくなる爽快さがウリです。
一部の毛を残したい場合は、ワックス剤を塗らない個所をつくります。
逆トライアングル型やオーバル型など、好きな形にデザインできるのが楽しいところ。

毛抜きや脱毛テープと同じく、毛根から抜けるので10日から2週間ほどは生えきません。
ただし、一気に大量の毛を抜くのは肌にダメージを与えてしまいます。
アフターケアをしっかりしなければ、赤く腫れてボツボツになってしまうのも困りものです。
セルフでワックス剤を塗って脱毛する人もいますが、皮膚をはがしてしまう恐れもあるのでオススメできません。

キレイモのフラッシュ脱毛なら、施術回数を調整して、好みの毛量をセレクトできます。
一度抜けた毛は二度と生えてきませんし、痛みや腫れといった心配もありません。
施術後、特にデリケートになっている肌に対しても、スタッフがアフターケアします。

脱毛効果バツグンのレーザー脱毛は、価格と痛みが難点

資格を持った医療スタッフが、専用レーザーで処理していきます。
レーザーはフラッシュ脱毛よりも強力で、医療機関でしか使用できません。
施術を受ける前に、レーザー脱毛の仕組みや危険性について、医師からの説明をよく聞いて理解しておきましょう。

ムダ毛をなくすには一番効果的なレーザー脱毛ですが、単価が高いこと、強力な分痛みが強いのがデメリットです。
医療保険がきかないため、全身脱毛で30万から60万ほどかかります。
毛の組織が焼ける分、強い痛みを感じることも少なくありません。
苦痛に耐えられない人には厳しい脱毛法といえるでしょう。

その点、キレイモのフラッシュ脱毛は、費用も比較的リーズナブルで、痛みが少なくなるよう配慮してあります。

ブラジリアンワックスや医療用レーザー歯に一般的になりつつありますが、痛みや肌トラブルといったリスクは避けられません。
その分、キレイモのフラッシュ脱毛は、価格や痛さ、脱毛効果の点で、総合的なバランスがとれた脱毛法といえます。