「肌にやさしくて一気に脱毛できる」は落とし穴?チクチクしない自己処理のデメリット

電気シェーバーや脱毛テープといった処理は、一見すると、肌を直接傷つけないように見えます。
次に生えてくる毛がチクチクしないのも特徴です。
しかし、フラッシュ脱毛と比べると、肌に負担をかけがち。
ここでは、カミソリのデメリットを克服したムダ毛ケアについて、見ていきましょう。

お肌に優しい電気シェーバーもたびたび使えば負担になる

剃り残しやカミソリ負けなど、通常のカミソリのデメリットを軽くしたのが、電気シェーバーです。
女性のデリケートな肌にもやさしく作られたレディースシェーバーは、デザイン性にも優れて人気を集めています。
剃るタイプと抜くタイプがあり、どちらもスピーディかつ滑らかに処理できるのが魅力です。
ただ、低刺激でも、お肌を傷つけてしまうことには変わりありません。
剃るタイプも抜くタイプも、毛が伸びてくるため、頻繁にお手入れする必要があります。

フサフサの毛も一瞬でなくなる脱毛テープは毛穴への負担がネック

ベタベタした粘着面を肌に貼って、一気にはがすことで毛を抜きます。
毛根から抜けるので、ツルツルの状態が長持ちするのがポイントです。
ビキニラインや指用の小さなサイズもあり、バリエーション豊かです。
腕や脚の広範囲にわたって脱毛できますが、肌の弱い人は使用できません。
まずは二の腕の下側など、皮膚が薄い部分に小さく切ったシートを貼って、パッチテストをすることが重要です。

毛が抜けるようテープをはがすのには少々コツがいります。
部分によっては痛みも避けられません。
粘着部が接しているのに、全部の毛が抜けないこともしばしばです。
そのため、1つの部位でも、完全にツルツルにするまでには手間がかかります。

毛抜き同様、一気に引き抜くのは皮膚に負担がかかってしまいます。
炎症を起こして、赤いプツプツになってしまう場合もあります。
脱毛後は肌を冷やすアフターケアがたいせつです。

ツンと薬剤が臭う除毛クリーム、事前のパッチテストを忘れないで

専用のクリームを手足に塗って数分置くと、薬剤が毛を溶かします。
肌の敏感な人は向かないので、使う前に説明書をよく読みましょう。
ワックスと同じように、事前のパッチテストが必要です。
広範囲を一気に除毛できるのがメリットですが、薬剤はアルカリ性。
顔やデリケートゾーンには使用できません。
また、毛根は残ったままなので、生えてくるたびに除毛するのが大変です。
また、クリームの強い成分は、ムダ毛だけでなく、肌も痛めます。
合わない場合はすぐに使用をやめて、洗い流しましょう。

電気シェーバーも除毛クリームも、肌へのダメージは避けられません。
事前に取扱い説明書をよく読んで、使用後は肌の状態を確認することが重要です。
一方、キレイモのフラッシュ脱毛なら、肌に負担をかけずに少しずつ毛をなくしていきます。